トップページ > 地域振興情報 > 東日本大震災復旧・復興支援情報 > その他情報を得たい > 全国商工会議所職員派遣(第2次)を開始(震災復旧・復興支援情報)

その他情報を得たい

全国商工会議所職員派遣(第2次)を開始(震災復旧・復興支援情報)

日本商工会議所はこのほど、全国から募った経営指導員等による被災地商工会議所業務の支援について、第2次派遣支援を開始した。支援業務は、今月11日から実施しているもので、現地では被災した中小企業への訪問、電話・窓口相談などを実施。被災地事業者の直面している問題解決に向け、現地商工会議所職員とチームを組んで対応している。

419日現在、盛岡、釜石、大船渡、宮古、仙台、石巻、福島の7商工会議所に17人を派遣中。札幌、江別、秋田、湯沢、大曲、能代、大館、横手、酒田、新潟、長野、松本、飯田、下諏訪、宇都宮、高崎、前橋、桐生、伊勢崎、太田、狭山、東京、相模原、名古屋、福井、滋賀県連、京都、大阪、神戸、岡山、倉敷、広島、呉、福山、廿日市、下関、宇部、防府、徳山、岩国、高松の41商工会議所・県連から推薦・選抜された111人の職員の登録があり、日商では、現地のインフラの復旧状況、相談件数、現地商工会議所の体制等を勘案しながら応援職員に順次現地入りしてもらう。全国の商工会議所の経験豊かな職員を現地のニーズに合わせて派遣し、被災中小企業経営者の悩みにこたえるとともに、現場の声は、国等の復興支援策に反映されるよう、商工会議所の要望・提言に盛り込む。

東日本大震災復旧・復興支援情報http://www.jcci.or.jp/region/tohokukantodaisinsai/

 

  中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/