トップページ > 地域振興情報 > 不況克服・元気プロジェクト(会議所ナビ) > 新しい特産品の試食会開催 (延岡商工会議所)

不況克服・元気プロジェクト(会議所ナビ)

新しい特産品の試食会開催 (延岡商工会議所)

新しい特産品の試食会開催 (延岡商工会議所)

延岡商工会議所(宮崎県)は1月21日、市内の山下新天街商店街地域ブランド「延岡ずばなもん」の試食展示会を開催した。

 ブランド名は、延岡の方言「ずばな(抜きんでている、優れているの意味)が由来。

 同所では、「のべおか地域ブランド開発事業」の一環として、地元の農林水産物を使用した新たな地域特産品を売り出そうと、現在、商品開発を進めている。そこで今回、さらなる改良に向け、消費者の意見を得るために試作品を紹介することとした。

当日は、酢で締めたタイが乗ったかまぼこ「鯛冠(たいかんむり)」や、魚のすり身を揚げたあげみを串に挿した「あげみぼう」「めひかりのコロッケ」、ウナギの「そのままどんぶり」「海鮮五目ちらし」など10団体から22品目が並んだ。

会場は、恒例の門前市に合わせて開催されたこともあり、多くの市民でにぎわった。特に島浦町漁協婦人部によるあげみの実演コーナーは、行列ができるほどの盛況ぶりだった。

今後、当日のアンケートと、来月予定されている都市圏でのバイヤーを対象としたヒアリング調査を分析。5年程度をかけて、さらに商品価値を高め、市内外へ向けた特産品の完成を目指す。

 詳細は、ホームページ(http://www.hakodate.cci.or.jp/nobeoka/blog2/blog/cat3/を参照。問い合わせは、同所総務課(℡0982・33・6666)まで。