トップページ > 地域振興情報 > 不況克服・元気プロジェクト(会議所ナビ) > 五感で感じる魅力が満載 (氷見商工会議所)

不況克服・元気プロジェクト(会議所ナビ)

五感で感じる魅力が満載 (氷見商工会議所)

 氷見商工会議所(富山県)は現在、「氷見の魅力三感王探究事業2008冬」を展開している。

 同所では、観光客などの交流人口の増加とその受け入れ体制の整備を図るため、氷見の自然と食をテーマに、多彩な体験観光コースを開発・紹介。事業名には、参加者に五感(見る・聞く・かぐ・味わう・触れる)で氷見を楽しんでもらい、特に感じた「三感」を選んでもらう意図を込めた。事後アンケートを行い、各コースの魅力を抽出し、ブラッシュアップのための参考にする。

 同市は風光明媚な土地柄で、日本一の天然いけすといわれる富山湾では古来から伝わる越中式定置網漁法で「キトキト(富山弁で「生きがいい」の意味)」の海の幸が取れる。またとろける氷見牛など地元ならではの食材も豊かだ。

 このほど、一流の料理人からプロの技を学ぶ体験教室などもオープン。文字通り、五感で同市を味わいつくすことができるイベントとなっている。

 例えば、ワカメの養殖が盛んな女良地区では、3月上旬から4月上旬の期間限定で、漁師と一緒に収穫作業を体験できる(参加料は一人3000円、税込)。海を眺め、波の音を聞き、潮の香りをかぎ、実際に船に乗って新鮮なワカメに触れる。また、採ったワカメの一部は土産にし、日頃食べているものとまったく違う、新鮮なワカメを家庭で存分に味わうことができる。

 同事業には、観光ボランティアガイド『つままの会』も協力。一般のガイドブックには載っていないような情報や逸話も含めて、厚みのある案内をしている。

 詳細は、ホームページ(http://www.ccis-toyama.or.jp/himi/ osirase/sankanakihuyu.pdf)を参照。問い合わせは、同所(電話0766・74・1200)まで。

20090201-himi.pdf