トップページ > 地域振興情報 > 11月11日まで上野駅で「三陸産直市」開催(JR東日本)

地域振興情報

11月11日まで上野駅で「三陸産直市」開催(JR東日本)

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は11月9~11日の3日間、上野駅中央改札外グランドコンコースで「三陸産直市」を開催している。
 同イベントは、三陸エリアの青森県、岩手県、宮城県にスポットを当てた物産展。豊かな自然を生かした三陸ならではの商品や、復興庁主催のプロジェクト「世界にも通用する究極のお土産-『新しい東北』の挑戦-」にノミネートされた商品などが販売されており、笹かまぼこや柿の加工品、サンマのつくだ煮などが店頭に並んだ。手づくり・無添加のサンマのつくだ煮は3種類の味があり、特に自家製のみそで味付けをした「みそ味」がお薦めとのこと。宮城県の気仙沼商工会議所の職員なども応援に駆け付け、通行者への声掛けなどを行っていた。
 また、観光PRブースでは、三陸エリアの各市町村の協力の下、各地を走るイベント列車や旅行商品などを紹介している。
 詳細は、http://www.jreast.co.jp/press/2017/20171104.pdfを参照。

 

   東日本旅客鉄道http://www.jreast.co.jp/
   気仙沼商工会議所http://www.kesennuma.or.jp/
   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/
   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/
   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/