トップページ > 政策提言活動 > 意見・要望 > 「会社法制の見直しに関する中間試案」に対する意見を提出

意見・要望

「会社法制の見直しに関する中間試案」に対する意見を提出

 日本商工会議所は、法務省が意見募集した「会社法制の見直しに関する中間試案」に対し、東京商工会議所と連名で意見を提出した。
 
意見書では、中間試案に盛り込まれた「社外取締役の選任義務付け」について、企業統治の強化は必要とした上で「(社外取締役選任は)一手段にすぎず、義務化になじまない」として、反対の意見を表明した。また、親会社関係者や経営者の近親者を選任できないとする「社外取締役(監査役)の要件の厳格化」については、「形式的要件よりも実質を重視すべき」として反対との姿勢を示した。

 

会社法制の見直しに関する中間試案に対する意見