トップページ > 政策提言活動 > 意見・要望 > 野田内閣総理大臣に「野田新内閣に期待する」、「『東日本大震災』の復旧・復興および超円高・空洞化対策に関する要望」を提出

意見・要望

野田内閣総理大臣に「野田新内閣に期待する」、「『東日本大震災』の復旧・復興および超円高・空洞化対策に関する要望」を提出

日本商工会議所は7日、「野田新内閣に期待する」、「『東日本大震災』の復旧・復興および超円高・空洞化対策に関する要望」を取りまとめ、公表した。日商の岡村会頭は、首相官邸を訪ね、野田内閣総理大臣、藤村官房長官、斎藤官房副長官、長浜官房副長官と会談。被災地域の商工会議所をはじめ全国商工会議所から寄せられた具体的な要望事項を直接説明し、その実現を強く求めた。

「野田新内閣に期待する」では、大震災からの復旧・復興と、日本経済の再生を同時に進めていくことが重要である点を指摘。「復旧・復興対策に加え、超円高・空洞化対策を含む第三次補正予算の早期編成と実行」「地域主導による復旧・復興を推進する体制の早期整備と財源の確保」「社会保障制度の持続性確保や税制抜本改革、経済連携協定の推進等重要政策課題の判断と迅速な実行」を強く求めている。

「『東日本大震災』の復旧・復興および超円高・空洞化対策に関する要望」では、震災から半年を迎えるが、復旧・復興の足取りは大幅に遅れていることから、地域主導の復興に迅速かつ全力で取り組むべきことを強調。「復旧・復興の具体的な枠組み(支援策、地域の復興の核となる基準等)の一層の明確化および国と地方の財政の負担割合の提示」「第三次補正予算の早期編成・執行。復興財源として法人税・所得税引き上げは絶対に反対。消費税が望ましい」「復旧・復興と日本経済の再生を同時に進めるべき。特に、超円高および空洞化対策が不可欠」「早期事業再開への強力な支援(二重債務対策等)」といった基本的な考え方を示し、「地域主導の復興」「福島の再生」「超円高・空洞化阻止」の3分野で具体的な対策を提言している。

日商の岡村会頭は、5日に民主党の輿石幹事長、前原政調会長、平野国対委員長、樽床幹事長代行ら民主党執行部と、6日には鉢呂経済産業大臣と相次ぎ会談。7日には、野田総理との会談後、古川経済財政・国家戦略大臣、小宮山厚生労働大臣とも意見交換を行うなど、野田新内閣と与党に対し、働きかけを強めている。

 

(写真)野田内閣総理大臣、藤村官房長官に要望する岡村会頭

 

画像 003.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

   

 野田新内閣期待PDF

 野田新内閣期待る(PDF

 

 『東日本大震災』の復旧・復興および超円高・空洞対策に関する要望概要)PDF

 『東日本大震災』の復旧・復興および超高・空洞化対策に関する要望本文)PDF

政策提言活動http://www.jcci.or.jp/recommend/

東日本大震災復旧・復興支援情報http://www.jcci.or.jp/region/tohokukantodaisinsai/