トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > エネルギー基本計画の閣議決定について(三村会頭コメント)

会頭コメント

エネルギー基本計画の閣議決定について(三村会頭コメント)

エネルギー基本計画の閣議決定に対する三村会頭コメント

 

平成26年4月11日

日本商工会議所

 

 本日、新たなエネルギー基本計画が閣議決定された。

 エネルギー自給率が低い我が国にとって国民生活を守るエネルギー政策の重要性は論を俟たない。本計画は、エネルギー政策の要諦である「安定供給(エネルギー安全保障)」「コスト低減(効率性)」「環境負荷低減」「安全性」の観点を踏まえ、「国際的な視点」「経済成長の視点」を加味し、バランスのとれた実現可能なエネルギー政策の方向性を示したものとして評価したい。

 特に、原子力発電を「エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源」と位置付け、安全が確認された原子力発電を国が前面に立って再稼働させる方針が改めて示されたことを歓迎する。経済の好循環を実現していくために、安全が確認された原子力発電の再稼働による低廉・安定的な電力供給体制の早期回復は必要不可欠であり、政府においては万全の取組を進めていただきたい。

 また、福島再生・復興をエネルギー政策再構築の出発点と位置付けていることは、我々の従来からの要望と軌を一にしている。福島再生・復興を加速する具体策の着実な実行を期待する。

 一方、エネルギーミックスの将来像、再生可能エネルギー固定価格買取制度の見直し、安全性向上のための技術・人材の維持・発展策をはじめとする原子力政策の再構築等、今後の検討課題が残されている。政府においては、国内外の現実を踏まえ、バランスのとれた検討を行い、引き続き責任あるエネルギー政策の実現に全力を尽くすようお願いしたい。

 

以 上