トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 日本のTPP交渉参加決定について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

日本のTPP交渉参加決定について(岡村会頭コメント)

 

日本のTPP交渉参加決定に対する岡村会頭コメント

 

平成25年4月20日

日本商工会議所

 

 本日、TPP交渉参加11カ国すべてが、わが国の交渉参加を承認したことを歓迎する。
 日本政府におかれては、新たな貿易・投資ルールの策定に主体的に参加し、国益を確保するため、TPP交渉対策本部を中心に、万全の体制を整えて交渉に臨んでいただきたい。一方、国内対策では、地域経済や農林水産業への影響を克服するため、具体策を早急に策定し実行していくことが不可欠である。
 TPPに加え、日中韓FTA、日EU(欧州連合)EPA、間もなく交渉が開始される東アジア地域包括的経済連携(RCEP)についても、交渉が進展することを期待している。大規模な経済連携における貿易・投資ルールが相互に整合的で運用しやすいものとなり、中小企業の海外展開が促進されることを望む。

 

 以 上