トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 第2次安倍内閣の発足について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

第2次安倍内閣の発足について(岡村会頭コメント)

第2次安倍内閣の発足に対する岡村会頭コメント

 

平成24年12月26日

 

 経験豊富な実力者、政策に通じた人材を要所に配した力強い内閣となったことを歓迎する。わが国を取り巻く危機を挙党体制で突破するという安倍総理の強い覚悟が伝わってくる布陣である。政治のリーダーシップと安定的な政権運営によって、重要政策を着実に実行することを期待する。

 新内閣の第一の使命は、経済再生である。大型補正予算の早急な成立・執行により円高是正と成長戦略に直接結びつく経済政策を強力に実行していただきたい。また、あらゆる政策を総動員し、1ドル85円を超え、90円の為替水準を実現すべきである。震災復興と福島再生についても、遅れの要因を検証した上で、復興のスピードアップに徹底して取り組んでいただきたい。

 新たな政策展開の司令塔とされる日本経済再生本部と経済財政諮問会議には、中小企業や地域経済の意見が反映されることを要請したい。デフレを克服して、国富の拡大と新たな雇用創出を実現するため、成長戦略の具体化と実行が急務だが、特に経済成長の原動力である中小企業の活力強化と地域再生への取り組みが不可欠である。

 さらに、TPP交渉の速やかな参加表明、重点化・効率化の徹底による持続可能な社会保障制度の確立、原子力発電を含む多様な電源確保と安定供給・料金上昇抑制の道筋の明確化などについても、来年の参議院議員選挙後まで結論を先送りすることなく、実現を図っていただきたい。

以 上