トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 衆議院議員選挙公示について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

衆議院議員選挙公示について(岡村会頭コメント)

衆議院議員選挙公示に対する岡村会頭コメント

 

平成24年12月4日

日本商工会議所

 

 本日、衆議院議員選挙が公示されたが、「決める政治」を遂行する体制が構築されることで混迷する政治に終止符が打たれ、日本再生に向けた力強い一歩が踏み出されることを期待する。

 今回の選挙では、新党結成が相次いだため12党による選挙戦が展開される。各党・立候補者には、国民が政策の違いを明確に理解できるよう丁寧かつ内容の濃い論戦を期待したい。まずは、目指すべきこの国のかたちを明らかにするべきである。そして、震災復興加速、成長戦略、エネルギー政策、TPP交渉参加を含めた外交・安全保障など主要課題に対する政策を具体的かつ実現性・整合性のある形で国民に分りやすく示していただきたい。

 我々国民も、政策の中身と、国政を託するにふさわしい人物か否かをしっかりと吟味した上で、投票に臨むべきである。

以 上