トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 民主党代表の決定について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

民主党代表の決定について(岡村会頭コメント)

菅総理が民主党代表選に勝利し、引き続き政権運営に当たられることを歓迎する。菅代表を中心に、ノーサイドの精神に則り、真に民主党が一致結束して邁進することを強く望みたい。

繰り返し申しあげているように、景気の持ち直しの動きに陰りが見られることに加え、円高圧力が企業経営にのしかかる中、経済対策は待ったなしの状況にある。特に中小企業においては、仕事の確保が第一であり、需要の創出を図ることが不可欠である。同時に、成長軌道への回帰を図るべく、新成長戦略に着手し、具体策を一刻も早く実行に移すことも切迫した課題である。

政府および民主党においては、何よりもスピードを最優先に切れ目なく政策を実行し、目に見える形での成果を着実に示してもらいたい。商工会議所としても、自ら中小企業の活力強化への取り組みを精力的に進めるとともに、難局の打開に大いに協力していく所存である。