トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 政府および日銀の政策決定について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

政府および日銀の政策決定について(岡村会頭コメント)

政府が追加経済対策の基本方針をとりまとめるとともに、日銀においても追加の金融緩和を決定したことを歓迎する。景気の持ち直しの動きに陰りが見られることに加え、円高・株安などによる下振れリスクが高まる中、政府・日銀が協調して強い姿勢を示したものと受け止めており、評価したい。為替や株式市場に対するメッセージとしても期待できる。

政府・日銀においては、引き続き緊密な連携を図り、スピード感を持って機動的な対応を図ることに努めてもらいたい。特に、政府においては、中小企業や地域が元気になる政策を切れ目なく実行するとともに、新成長戦略に早急に着手することを望みたい。