トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 首班指名選挙結果について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

首班指名選挙結果について(岡村会頭コメント)

菅総理の誕生を歓迎する。困難な時局の打開に向けて、手腕を発揮されることをご期待申し上げたい。

同時に、菅政権が、これまで以上に重い責務を担っていることを深く受け止めてもらいたい。まずは国民の理解と信頼を得られるよう政権運営に努め、内外に山積する重要政策課題に対処していただきたい。

特に、国内の経済情勢については、景気は着実に改善する方向を示しつつあるものの、地域経済や中小企業は回復を実感するには至っていない。依然としてデフレも続いており、機動的な経済運営に注力してもらいたい。

また、国民の不安を払拭すべく、日本の将来像とその道筋を明示し、実現に邁進してほしい。成長戦略と財政運営戦略の具体化を早期に進め、「選択と集中」により果断に実行することを強く望みたい。政治主導は大事だが、国民各界各層の意見にも十分に耳を傾けていただきたい。

政府・与党が結束しなければ、この難局を乗り越えることはできない。菅総理のリーダーシップの下、名実ともに一致団結した政権運営を強く期待したい。