トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 鳩山総理の辞意表明について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

鳩山総理の辞意表明について(岡村会頭コメント)

鳩山総理の辞意表明は、重要課題が山積している時だけに大きな驚きである。国内問題はもとより不確実性を増す国際情勢など、政府の対応は一刻の猶予も許されない。諸課題の解決に向けて、速やかに新政権を樹立し、新総理の下で今後の政権運営に万全を期さなければならない。

特に、国内経済は着実に改善の方向を示しており、腰折れすることがないよう経済運営に注力するとともに、成長戦略と財政運営戦略を早期に策定し果敢に実行することが新政権には強く求められる。その際、国民各界各層の意見にもしっかり耳を傾けてもらいたい。