トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 円高の進展について(岡村会頭コメント)

会頭コメント

円高の進展について(岡村会頭コメント)

円高の急速な進展を強く懸念している。景気は最悪期を脱し、持ち直しの動きをみせつつあるものの、依然として厳しい状況が続いている。こうした中、急激な円高が進むことは、輸出産業の業況を悪化させるばかりでなく、二番底のリスクがさらに高まることになる。

政府においては、経済の動向を注視するとともに、特に地域経済や中小企業に対する影響に十分留意した上で、機動的な対応を図ることを強く求めたい。