トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 東京都議会議員選挙結果(7/12)について(会頭コメント)

会頭コメント

東京都議会議員選挙結果(7/12)について(会頭コメント)

今回の都議選では民主党が躍進し、自民党・公明党が過半数割れとなったが、一地方選挙とはいえ最近の流れを象徴する結果だと思う。

都議会第一党となった民主党をはじめ自民党や公明党には、首都東京の発展を一義として議会運営に力を尽くしてもらいたい。

日本経済の再生に向けて、全国各地の地域活力を高めていくためにも、首都東京の牽引役としての役割は大きい。中小企業にとっては、未だ厳しい経済状況が続いており、金融対策はもとより有効需要創出のための東京都独自の対策を切れ目なく実行するとともに、引き続き雇用対策に万全を期してほしい。

また、国際的な都市間競争が激化する中での東京の都市力の向上、さらに2016年のオリンピック・パラリンピック招致など、山積する課題の解決に向けて、各党で建設的な議論が交わされることを期待したい。