トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 日経平均株価1万円割れについて

会頭コメント

日経平均株価1万円割れについて

 米国発の金融危機に世界が振り回されているのは憂慮すべき事態だが、一喜一憂せず冷静に対応すべきと思う。経済危機が瞬時に飛び火するのがグローバル時 代の連鎖の怖さである。もとより一国の経済政策だけでは解決が困難であるから、円高の是正など為替相場の安定を含めて、国際的な政策協調が何よりも重要で ある。政府・日銀の緊密な連携が不可欠である。

 政府としても、不況感が広がりつつある日本経済への影響を最小限にとどめる努力をすべきである。まずは早急に補正予算を成立させ、特に中小企業の不安感を払拭すべきである。

以 上