トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 自民党の新総裁決定について

会頭コメント

自民党の新総裁決定について

 麻生新総裁が誕生したことを歓迎する。

 日本を取り巻く内外の情勢は率直に言って大変厳しいものがある。米国発金融危機への対応や、温室効果ガスの排出抑制のための実効ある取り組み、さらに東 アジアの平和と安定の枠組みの構築など、国際的に解決しなければならない問題が山積している。また、国内においては景気回復に向けた総合経済対策の早期実 施、持続可能な社会保障制度の確立、経済活力創出のための税制抜本改革、地方と中小企業の活力再生など、重要政策課題は枚挙にいとまがない。

 このような時期に党総裁に就任される麻生総裁には、緊急に対応しなければならない課題と、未来を見据えた中長期的な構造改革の両方の課題に積極果敢に取 り組んでもらいたい。また、グローバル化が一層進展していく中で、日米関係のさらなる緊密化をはじめ、国際的な協調のもとに政策課題を解決しうるしっかり とした枠組みの構築に努めてほしい。

 麻生総裁は主要閣僚や党の重要ポストを歴任され、また経済通としても定評があり頼もしい。将来へ向けたこの国のあり方を国民に分かりやすく語りかけ、与 野党協議を通じて日本の政治の安定のために強いリーダーシップを発揮し、国民目線に立った国民本位の政治の実行を強く期待する。

以 上