トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > ガソリン等の暫定税率期限切れについて

会頭コメント

ガソリン等の暫定税率期限切れについて

 暫定税率の期限切れを目前に控えて与野党が合意できなかったのは残念である。暫定税率の廃止を予想せずに予算を編成した地方行政の混乱や、ガソリンの流通にかかわる混乱など、すべて国民生活に直結する問題が生じることになったのは遺憾と言わざるを得ない。
 福田首相は、道路特定財源を09年度から一般財源化するという思い切った提案をされた。従って、与野党双方とも、国民の目線に立って早くこの混乱を収拾すべきであり、それが出来なければ、日本に対する国際社会の見方が一層厳しいものになるのは避けられない。
 なお、道路整備中期計画の見直しも特定財源の一般財源化もやむを得ないが、日本経済の再生が地域活性化にかかっていることを肝に銘じ、十分な道路整備予算を確保した上で、真に必要な道路の早期整備に引き続き務めてほしい。
以 上