トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 日銀総裁の空席確定について

会頭コメント

日銀総裁の空席確定について

  政府提案の総裁候補がいずれも不同意となり、日銀総裁ポストが空席になることが確定したのは、誠に遺憾である。過去にも例がなく、国際的にも中央銀行のトップが空席になるのは極めて異例である。
  急激なドル安・円高がすすみ、米国サブプライムローン問題に端を発した金融不安が世界を覆っている現在、日銀総裁の不在は、日本が果たすべき国際的責務に対して、マイナスのメッセージを世界に発信することになるだろう。
  こうした事態を招いた政治の責任は重い。この上は、与野党が真摯に議論を重ね、一日も早く次期総裁を決めてもらいたい。
以 上