トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 瀬島龍三氏のご逝去にあたり

会頭コメント

瀬島龍三氏のご逝去にあたり

  瀬島さんは、明晰な頭脳と明治人の気骨を併せ持った方だった。戦時中は大本営作戦参謀として国軍の作戦計画の中枢におられ、抑留から帰国後は奇跡とも言われたた商社の会長にまで登りつめ、その後臨調や行革審の要職にあって政府の政策の実現に尽力された功績は大きい。
  また、経営者としても常に先を読む目を持っておられ、東京商工会議所(東商)の副会頭、日本商工会議所(日商)の特別顧問を長くつとめられ、特に日商・東商の政策委員長として重要政策のとりまとめと実現に尽力されたことが印象に残る。
   戦前、戦後を知る日本のリーダーのお一人を失い淋しい思いがする。心からご冥福をお祈り申し上げる。

以 上