トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 08年サミット「首脳会議」開催地の決定について

会頭コメント

08年サミット「首脳会議」開催地の決定について

 安倍首相が、2008年に日本で開催するサミットの「首脳会議」の開催地を、北海道の洞爺湖に決定したのは、前回の沖縄に続いて、国として特に地域開発 が急がれる地域を重視したという点で妥当な判断と思う。また、最も神経を使う警備がしやすい地形であることや、北海道の美しい自然や景観を世界に発信する チャンスとお考えになったためだろう。他の候補地にとっては残念だが、前回の九州・沖縄サミットのように、首脳会議以外の行事開催地の可能性も残されてい る。
 豊かな観光資源を持つ北海道は、気候的にも欧州に似た風土である。夏場も冬場も観光地として国内外の人気が高い。洞爺湖サミット開催を機に、政府としても一層観光振興に力を入れ、北海道全体が国際的なリゾートとしてさらに発展していくことを期待している。
以 上