トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 稲葉興作氏のご逝去にあたって

会頭コメント

稲葉興作氏のご逝去にあたって

 稲葉興作さんの突然の訃報に接し、驚いております。心から哀悼の意を表します。
 稲葉さんは、平成5年から平成13年まで日本商工会議所・東京商工会議所の会頭をつとめられ、財界のリーダーとして日本経済の発展と地域経済の振興に尽力され、大きな功績を残されました。
 気さくな性格、飾らないお人柄で、大変温かみのある方でした。また、技術者として培われた深い洞察力と明晰な発想をお持ちでした。
 バブル崩壊後の金融不安とデフレ不況の未曾有の転換期には、貸し渋りに苦しむ中小企業のための金融安定化特別保証制度の創設や、中小企業の技術開発を支援するための日本版SBIR制度の実現に奔走努力され、大いに成果をあげられました。
 国際関係においても中国・欧州・南米等に大型ミッションを派遣し、経済交流と友好親善に積極的に努められました。
 会頭を退任されてからも名誉会頭として、経験に基づく適切なアドバイスをいただいたほか、商工会議所の運営にもご理解とご支援をいただき、心から感謝しておりました。
 まだまだご活躍いただきたかったのに、残念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。