トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 7-9月期GDP速報について

会頭コメント

7-9月期GDP速報について

 7-9月期の実質成長率が前期比0.5%増、年率換算で2.0%増となり、7期連続でプラス成長を記録したが、回復テンポが鈍化してきており、手離しで 喜べる状況にはない。輸出と設備投資は堅調に推移しているものの、内需の柱である消費が伸び悩んでいる。10日に発表された機械受注統計で設備投資の先行 きにも陰りがみられるほか、米国経済の減速傾向も、注意信号とも言うべきものである。
 目下の景気拡大期間は「いざなぎ景気」を抜いてまもなく戦後最長を記録するといわれるが、地域経済や中小企業にはその実感に乏しいところが多い。日本経済が今後とも回復基調を維持するためには、金融・財政政策面で注意深い舵取りを期待したい。
以 上