トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 北朝鮮のミサイル発射について

会頭コメント

北朝鮮のミサイル発射について

 北朝鮮の動向を事前に察知し、日本政府が警告を発していたにもかかわらず、北朝鮮がミサイル発射を強行したことは、発射の凍結をうたった日朝平壌宣言を 踏みにじるもので、極めて残念な事態である。6カ国協議で核開発抑止の努力がすすめられている状況の中で、そうした努力をも無にする、平和に対する露わな 挑戦と言わざるを得ない。
 北朝鮮のこうした行為は、東アジアの平和と安全、ひいては世界の平和を脅かすものとして、政府は厳重に抗議するとともに、断固たる態度を示すべきである。

以 上