トップページ > 政策提言活動 > 会頭コメント > 改正まちづくり3法成立について

会頭コメント

改正まちづくり3法成立について

 改正まちづくり3法の成立を歓迎するとともに、これまでの政府・与党・関係省庁等のご努力に深く感謝したい。
 今回の改正は、中心市街地の活性化支援と、計画的な土地利用規制の合わせ技による「コンパクトなまちづくり」を目指す画期的な内容であり、都市の構造改革と地域の活性化がはかられることを大いに期待する。
 ただし、まちづくり3法の改正だけで、全国の中心市街地がにぎわいを取り戻すわけではない。国・地方自治体・事業者・住民などの関係者が一体となって、地域ぐるみでまちづくりに取り組むことが何よりも求められる。
 これによって、消費者にとっては共に必要な商店街と大型店等の共存共栄がはかられるとともに、地域に大切な歴史・文化・自然が守られ、また、高齢者にとっても若者にとっても魅力あるまちづくりを、地域自らの手で実現していただきたい。
 なお、改正3法が完全施行となるまでの間に、法改正の趣旨に反した大型店等の出店・開発行為を許すことは、その効果を大きく減ずることになるため、国・地方自治体には、こうした行為を防止するよう最善の対応をお願いしたい。
以 上