日本商工会議所のビジネス情報誌「石垣」
表紙1710.jpg

月刊「石垣」平成29年10月号

10月10日発売

「石垣」平成29年10月号の内容は・・・・・・

特集

【特集1】
『3つの「事例」で読み解く 事業承継の“成功”戦略』

経営者であれば、誰もが避けて通れないのが事業承継だ。「まだまだ先」と、承継を先送りすることは廃業や従業員の雇用不安へとつながる大きな問題となる。しかし、さまざまな課題や悩みを抱えている経営者は予想以上に多い。そこで、専門家に歴史をからめて解説いただくとともに、事業承継に成功した企業を事例別に紹介する。
















【特集2】
『外国人観光客を呼び込め!広域連携でインバウンドに対応する』


インバウンド(訪日外国人)の市場拡大に期待が高まっている。とはいえ、現状では彼らが訪れる観光地はまだ限られている。そこで、インバウンドに力を入れている北海道の3商工会議所による広域連携での各地域の特色を生かした「広域周遊型観光」戦略に迫る。

toku1_1710.jpg

※クリックすると拡大します↑
(PDFファイル)

toku2_1710.jpg


まちの解体新書


◆岐阜県土岐市◆
美濃焼1300年余の歴史を継承する
焼き物生産量 日本一のまち


machi_1710.jpg

あの人を訪ねたい


◇坂東 眞理子◇
昭和女子大学理事長・総長


anohito_1710.jpg

こうしてヒット商品は生まれた!


◆『きねや無敵』行田商工会議所◆
きねや足袋(行田商工会議所)


hit_1710.jpg

長寿企業の秘密


◇山陰堂(山口商工会議所)◇
真摯に和菓子をつくり続けここでしか買えない味を守る


chouju_1710.jpg

プレゼント

ABCD:土岐商工会議所 提供
◇A『黒のカップ「炭化 竹カップ」』、B『天啓赤絵 六角前菜皿』、C『お菓子の詰め合わせ』、D『竹皮羊羹(ようかん)』◇
A黒い土を使って、釉うわぐすり薬を付けずに窯で焼いたカップです(2名様)、Bモダンな印象に仕上げた六角形の磁器のお皿です(1名様)、C土岐市の銘菓2種類の詰め合わせです(1名様)、D竹皮の風味を生かすため甘みをおさえた蒸しようかんです(1名様)

preA-D_1710.jpg

E:きねや足袋株式会社 提供
◇E『ランニング足袋「きねや無敵」』◇
E足の指が自在に動き、はだし感覚で走れます(男女各1名様)

preE_1710.jpg

F:坂東眞理子さん 提供
◇F『直筆サイン入り色紙』◇
F坂東眞理子さんから直筆のサインをいただきました(1名様)

preF_1710.jpg

このページのトップ

購読のご案内

  • 毎月10日発行、A4判変形、全ページカラー
  • 直接予約購読、自宅(会社)直送可
  • 購読料1冊515円(消費税・送料込)
  • お得な年間購読受け付け中!(5,500円、消費税・送料込)

※お申込時点での最新号をお届けします。支払い方法は一括前払い制。年度途中でのお申し込みや中途解約の場合は、1冊515円の月割り計算とさせていただきます。なお、年度末までにご連絡がない場合、自動更新となります

お問い合わせ、お申し込みは 日本商工会議所 広報部(編集担当)まで
Tel:03-3283-7901 Fax:03-3211-4859 mail:ishigaki25@jcci.or.jp
所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1

このページのトップ

「石垣」とは

日本商工会議所発行のビジネス情報誌。経営や地域活性化のヒントになる先進事例を紹介する特集をはじめ、全国の魅力的なまちを取り上げる「まちの解体新書」、話題の著名人の素顔に触れる「あの人を訪ねたい」など、厳選の企画・連載が目白押しです。

このページのトップ

<個人情報の取り扱いについて>
日本商工会議所では、ご購読者の会社名、住所、代表者名などの本誌送付にかかる基本情報を、所属されている地元の商工会議所と情報共有させていただいております。
これは、ご購読者から住所変更や代表者名変更など、その所属される商工会議所宛にご連絡いただくケースが多いためです。日本商工会議所から、ご購読者が所属されている地元の商工会議所に情報提供されることを希望しない方は、お手数ですが、上記の日本商工会議所「石垣」係(Tel:03-3283-7901 Fax:03-3211-4859 Eメール:ishigaki25@jcci.or.jp)までご連絡ください。

日本商工会議所トップへ