日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2002.04.12

地元医大支援へ官民一体組織を旗揚げ
出雲商工会議所

  出雲商工会議所(島根県)はこのほど、地元の島根医科大学の教育、研究活動を支援しようと市などと協力して支援協議会を設立した。国立大学の再編や法人化を控えて、同大学の地域に根ざした活動をバックアップすることなどが目的。国立大学を支援する官民一体の組織は全国でも初めて。

 協議会の運営は会費でまかない、当面は2004年度末までの3年間、支援活動を続ける。具体的には支援金による医学教育研究助成事業や産学官の連携で地域の発展につながる事業などを行っていく。

 4日に行われた協議会の設立総会では江田会頭が会長に就任。同所では、大学との交流をさらに深めることで地域の活性化につなげていきたい考えで、今後、具体的な支援策を検討していくことにしている。

−「会議所ニュース」5/21号に詳細記事を掲載−

会議所ニュースへ 街づくり情報ナビゲーターへ

 会議所ニュースについて  メールでのお申し込み
ニュースラインに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は日本商工会議所に帰属します。
Copyright 2002 The Japan Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.