日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2002.03.07

産官学連携で技術力強化
大東商工会議所

 大東商工会議所(大阪府)はこのほど、地元産業の活性化を目指し、大東市、大阪産業大学との間で産官学で連携事業を進める基本協定を締結した。

 大東市は第2次産業の比率が40%を占める工業のまちとして有名。産学連携に積極的な大産大と協力し、市内企業の技術力強化と新産業創出を狙う。協定では、4月に推進組織を発足させ、平成14年度中に企業技術データベースの構築や大学研究施設の共同利用、異業種交流の充実などに取り組むことなどを決めている。

 同所では、今後、人的支援もさらに強化。同所が窓口となり、「ビジネスサポーター」を専門分野ごとに登録制で配置するほか、企業、市役所への学生インターンシップの受け入れ、市民や子供向けものづくり講座の実施、起業家セミナーの実施なども計画している。

−「会議所ニュース」3/11号に詳細記事を掲載−

会議所ニュースへ 街づくり情報ナビゲーターへ

 会議所ニュースについて  メールでのお申し込み
ニュースラインに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は日本商工会議所に帰属します。
Copyright 2002 The Japan Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.