[日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ]

2001.06.04

元気な街へ地元大学と連携
瀬戸商工会議所

 瀬戸商工会議所(愛知県)などで組織する瀬戸まちづくり会社の協力で、同市中心商店街の空き店舗を活用して4月に開設した「銀座茶屋」と「人コミュ倶楽部」の活動が注目を集めている。

 「銀座茶屋」は商店街の若手が資金を出し合い設立した飲食店。メニューの安さやくつろいだ雰囲気が評判を呼び、関係者の予想をはるかに上回る賑わいを見せている。

 地元の名古屋学院大学のまちづくりNPO「人コミュ倶楽部」の事務所では、同大学経済学部の講座「まちづくり研究入門」の公開講義をすでに数回開催。大勢の参加者が熱心に耳を傾けている。同倶楽部事務所は、今後、市民向けの英会話やパソコン教室の開催をはじめ地域の交流拠点として活用される予定。

 また、今月末には愛知万博推進瀬戸地区協議会の新事務所も中心商店街に移転。「EXPO市民サロン」として、市民参加型の万博を目指し、博覧会のPR、市内の観光、イベントの情報提供などを行うことにしている。

会議所ニュースへ 街づくり情報ナビゲーターへ

 会議所ニュースについて  メールでのお申し込み
ニュースラインに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は日本商工会議所に帰属します。
Copyright 2001 The Japan Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.