トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 10月31日に「国際シンポジウム 働き方改革に向けて~フランスの労働法改正と日・仏の労使関係の相違点~」を開催(AOTS)

トレンドボックス

10月31日に「国際シンポジウム 働き方改革に向けて~フランスの労働法改正と日・仏の労使関係の相違点~」を開催(AOTS)

 AOTS((一財)海外産業人材育成協会)では、10月31日(火)13:00~16:30に「国際シンポジウム 働き方改革に向けて~フランスの労働法改正と日・仏の労使関係の相違点~」を都内(於:ベルサール神田)で開催。同シンポジウムでは、仏労働法改正の動きや現地労使関係・労働事情を知り、日本との違いを認識した上で、今後日本が進むべき働き方改革等の道を探る。また、仏への進出を検討している企業が知っておくべき点についても事例を交えて紹介予定。現地最新事情が入手できる貴重な機会となっている。参加費は無料。定員は80名で申込先着順となる。
 詳細はhttp://www.jcci.or.jp/aots.pdfを参照。

 

 雇用・労働 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/
 国際関連 http://www.jcci.or.jp/international/