トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 平成28年度健保組合決算見込み、赤字組合は38%(健保連)

トレンドボックス

平成28年度健保組合決算見込み、赤字組合は38%(健保連)

 健康保険組合連合会はこのほど、全国1399健保組合の平成28年度決算見込みの概要を公表した。経常収支は、経常収入79,623億円、経常支出77,250億円、経常収支差引額は2,373億円の黒字となった。保険料収入総額は78,475億円で、前年度比1,797億円増加した。保険料収入増の主な要因は、被保険者数の増加、保険料率の引き上げ、標準報酬月額の増加などとなっている。

 平均保険料率は9.110%(調整保険料率含む)で、前年度比0.075ポイント増加。協会けんぽの平均保険料率(10.0%)以上の組合は、前年度比13組合増の304組合で、全組合の21.7%を占めている。赤字組合は543組合で、38.81%の組合が赤字となっている。

 詳細は、http://www.kenporen.com/press/を参照。

 

    健康保険組合連合会 http://www.kenporen.com/