トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 健康経営優良法人を追加認定、商工会議所から三島と蒲郡が初(日本健康会議)

トレンドボックス

健康経営優良法人を追加認定、商工会議所から三島と蒲郡が初(日本健康会議)

 日本商工会議所をはじめ、経済団体、保険者、自治体、医療関係団体などが参加する「日本健康会議」はこのほど、経済産業省と協力して実施している「健康経営優良法人認定制度」の中小規模法人部門の追加認定223法人を発表した。商工会議所からは、三島商工会議所(静岡県)と蒲郡商工会議所(愛知県)が初めて認定を受けた。

 健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みを基に、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰する制度。今年2月に初回認定を行い、大規模法人部門(ホワイト500)は235法人、中小規模法人部門は95法人を認定した。中小規模法人部門は、今回の追加認定分223法人を合わせ318法人となった。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170823001/20170823001.htmlを参照。

 

    日本健康会議 http://kenkokaigi.jp/

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    三島商工会議所 http://www.mishima-cci.or.jp/

    蒲郡商工会議所 http://www.gamagoricci.or.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/