トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 中小企業をイノベーション先進都市に派遣(経済産業省)

トレンドボックス

中小企業をイノベーション先進都市に派遣(経済産業省)

 経済産業省はこのほど、「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム(飛躍Next Enterprise)」への参加企業の公募を開始した。同プログラムは、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」の一環として、高い技術力や優れた事業アイディアを持つ中小・中堅・ベンチャー企業などを日本全国各地から選抜し、イノベーション先進都市であるシリコンバレーをはじめ、シンガポール、ヘルシンキ・ベルリン、オースティン、イスラエルの5つのエリアに派遣。ベンチャー・エコシステムの仕組みと活用方法を学ぶとともに、世界展開の知見とネットワークを獲得する機会を提供する。締め切りは915日。

 「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」とは、人材・企業・機会の観点からシリコンバレーの資源を生かすプログラムを実施し、シリコンバレーと日本の起業家・企業をつなぐことで、グローバルに通用するイノベーションを持続的に創造する仕組みを形成するプロジェクト。安倍首相が平成27年に米国シリコンバレーで発表した。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821004/20170821004.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/