トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > スポーツで社員の健康増進に取り組む企業を認定(スポーツ庁)

トレンドボックス

スポーツで社員の健康増進に取り組む企業を認定(スポーツ庁)

 スポーツ庁はこのほど、社員の健康増進のためにスポーツなどの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を認定する「スポーツエールカンパニー認定制度」を創設し、申請の受け付けを開始した。社員の健康増進のため、スポーツ競技に限らず、朝や昼休みなどに体操・ストレッチをするなどの運動機会の提供や、階段の利用や徒歩・自転車通勤の奨励、スタンディングミーティングの実施などに向け、積極的な取り組みを行っている企業を認定する。

 認定された企業には認定証と認定マークなどが交付されるとともに、スポーツ庁のホームページなどで企業名や取り組みを公表する。スポーツ庁では、同制度により、社員がスポーツに親しめる環境づくりを進める企業の社会的評価が向上することで、「働き盛り世代」をはじめとして、国民全体のスポーツ実施率の向上につなげていく考えだ。受け付け期間は1031日まで。

 詳細は、http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/29/08/1388827.htmを参照。

 

    スポーツ庁 http://www.mext.go.jp/sports/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/