トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「科学技術指標」を公表、論文数の順位は低下傾向(文部科学省)

トレンドボックス

「科学技術指標」を公表、論文数の順位は低下傾向(文部科学省)

 文部科学省の科学技術・学術政策研究所はこのほど、日本と主要国の科学技術活動を客観的・定量的データに基づき体系的に分析した「科学技術指標2017」を公表した。また、論文について日本と主要国を多角的な視点で分析した「科学研究のベンチマーキング2017」も併せて発表した。日本の研究開発費、研究者数は共に主要国中第3位の規模だが、人口100万人当たりの博士号取得者は主要国で第6位となった。論文や特許は、日本の論文数は世界第4位、注目度の高い論文では第9位となり、10年前と比較すると順位は低下傾向にある。

 詳細は、http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/08/1389012.htmを参照。

 

    文部科学省 http://www.mext.go.jp/

    科学技術・学術政策研究所 http://www.nistep.go.jp/