トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > デザインによる企業競争力の強化検討、研究会を設置(経済産業省)

トレンドボックス

デザインによる企業競争力の強化検討、研究会を設置(経済産業省)

 経済産業省と特許庁は、「産業競争力とデザインを考える研究会」を設置する。製品の同質化が進む中、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題を整理し、その対応策を研究する。経済産業省では、「欧米企業は、明確な企業理念に裏打ちされた自社独自の強みや技術、イメージをブランド・アイデンティティとしてデザインによって表現し、製品の価値を高め、世界的な市場拡大に結び付けている。他方、わが国企業の多くは、その経営層も含め、デザインに対する自信と意識がいまだ低いとの報告もあり、製品の同質化が一層進む中、わが国企業の国際競争力は一層低下するのではないか」と警鐘を鳴らしている。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170705002/20170705002.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    特許庁 https://www.jpo.go.jp/indexj.htm

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/