トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 労働安全衛生法施行令等の一部の改正について【三酸化二アンチモンに係る規制の追加】(厚生労働省)

トレンドボックス

労働安全衛生法施行令等の一部の改正について【三酸化二アンチモンに係る規制の追加】(厚生労働省)

労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令(平成29329日公布)および特定化学物質障害予防規則等の一部を改正する省令(平成29427日公布)が平成296月1日に施行され、三酸化二アンチモン(※)は特定化学物質(管理第2類物質)に位置付けられ、当該物質を製造または取り扱う作業に従事する労働者に対する健康障害防止措置が義務付けられることとなった。

これにより、三酸化二アンチモンを製造または取り扱う事業を行う事業者には、①作業主任者の選任、②作業環境測定の実施、③特殊健康診断の実施、等の義務が課される。

 改正内容の詳細については、以下を参照のこと。

 

(改正政省令の概要)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/gaiyou_Sb2O3.pdf

 

(改正政省令の施行通達)

  労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び特定化学物質障害予防規則等の一部を改正する省令の施行について」(平成29519日付け基発05196号)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/tuutatu0519-6.pdf

 

 

(※)三酸化二アンチモンは難燃助剤、触媒等として使用されている物質

 

   厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/