トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 学生がビジネスプランで勝負、起業家甲子園を3月に開催(総務省)

トレンドボックス

学生がビジネスプランで勝負、起業家甲子園を3月に開催(総務省)

 総務省および国立研究開発法人情報通信研究機構は、IoT時代における革新的な技術やサービスを有する地域発ICTスタートアップの創出に向けてビジネスプランを競い合う、学生が対象の「起業家甲子園」と、若手起業家が対象の「起業家万博」を来年3月に開催することを発表した。

 各地で起業家を支援する団体などと総務省が連携し予選となる地区大会を実施。地区大会から選抜された学生や若手起業家には、「起業家甲子園」「起業家万博」への出場に向けて、ベンチャー業界の実力者で構成するメンター陣によるメンタリングやビジネスプランのブラッシュアップを受ける機会などが提供される。学生らはブラッシュアップしたビジネスプランを「起業家甲子園」「起業家万博」で披露し、最も優れたビジネスプランの発表を行った者に対しては、「総務大臣賞」が授与される。

 詳細は、http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000175.htmlを参照。

 

    総務省 http://www.soumu.go.jp/

    国立研究開発法人情報通信研究機構 https://www.nict.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/

    若者・女性の活躍推進 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/youthandwoman/