トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「全国発明表彰」日商会頭賞を表彰(発明協会)

トレンドボックス

「全国発明表彰」日商会頭賞を表彰(発明協会)

 6月12日、東京都内で、常陸宮殿下ご臨席のもと、公益社団法人発明協会主催、日本商工会議所ほか後援の「平成29年度全国発明表彰」表彰式が開催された。

 全国発明表彰は、大正8年の第1回帝国発明表彰にはじまり、発明の奨励・育成を図り、わが国の科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的として、毎年開催されている。 

 

 今回は、全国から寄せられた応募、推薦の中から各賞合わせて37件98人が受賞。日本商工会議所会頭賞は、画像表示装置付き押ボタンスイッチの意匠(操作ボタン内に切り替え可能な表示画面を埋め込んだ押しボタンスイッチ)を発明した、NKKスイッチズ() R&D部 開発3課 課員の浦広樹氏が受賞、また、法人を代表して、発明実施功績賞をNKKスイッチズ()代表取締役社長の大橋智成氏が受賞した。

 

 

 日本商工会議所会頭発明賞を受賞した、大橋代表取締役社長(左)、浦課員(右)

 平成29年度全国発明表彰 受賞者一覧はこちら

 http://koueki.jiii.or.jp/hyosho/zenkoku/2017/zenkoku_jusho_ichiran.htm