トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「平成28年経済センサス‐活動調査」 速報結果を公表(経済産業省)

トレンドボックス

「平成28年経済センサス‐活動調査」 速報結果を公表(経済産業省)

 経済産業省、総務省はこのほど、「平成28年経済センサス‐活動調査」の速報結果を公表した。「経済センサス‐活動調査」は、日本全体の経済活動の実態を全国的および地域別に明らかにすることを目的に全ての事業所・企業を対象に実施した調査で、今回の調査が2回目となる。

 平成27年の全産業の売上高は16034638億円、付加価値額は2947949億円。このうち、付加価値額を見ると、「製造業」が全産業の24.9%で最多。次いで「卸売業,小売業」が18.2%、「建設業」が7.1%となっている。また、第三次産業で全産業の67.4%を占めている。

 平成2861日時点の事業所数は5622238事業所、従業者数は57439652人。このうち、従業者数を見ると、「卸売業,小売業」が全産業の20.9%と最も多い。「製造業」が15.5%、「医療,福祉」が12.9%で後に続く。また、第三次産業で全産業の77.3%を占めている。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170531006/20170531006.htmlを参照。

 

    経済センサス(経済産業省) http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/census/index.html

    経済センサス(総務省統計局) http://www.stat.go.jp/data/e-census/guide/index.htm

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    総務省 http://www.soumu.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/