トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「攻めのIT経営銘柄」 選定企業31社を発表(経済産業省)

トレンドボックス

「攻めのIT経営銘柄」 選定企業31社を発表(経済産業省)

 

 経済産業省はこのほど、「攻めのIT経営銘柄2017」の選定企業31社を発表した。また、今回から、銘柄に準ずる評価を受けた企業または注目されるべき取り組みを行っている企業として、「IT経営注目企業」21社を選定し、併せて発表した。

 経済産業省は、日本企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取り組みの一環として、平成26年度から、東京証券取引所と共同で「攻めのIT経営銘柄」を東京証券取引所の上場企業の中から選定。中長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介している。今回の企業選定に当たっては、「第4次産業革命」の実現に資するIoT・ビッグデータ・AI・ロボットなどの最新のテクノロジーを活用し、新たなビジネスモデルや価値を創出する取り組みを特に重点的に評価した。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170531007/20170531007.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/