トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 生物資源の研究開発テーマにシンポジウム開催(農水省・経産省)

トレンドボックス

生物資源の研究開発テーマにシンポジウム開催(農水省・経産省)

 農林水産省と経済産業省は62日、「農林水産省・経済産業省連携シンポジウム~生物資源、AIIoT活用に向けた連携研究開発によるイノベーション創出~」を都内で開催する。同シンポジウムでは、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の久間和生議員が、「Society 5.0」をテーマに、世界に先駆けた「超スマート社会」が開く日本の未来社会について基調講演を行う。また、現在、両省が連携して取り組んでいる研究開発のうち、「生物資源」「AIIoT」「バイオ」の各分野について、最新の取り組み状況や今後目指すべき研究開発の方向性などを紹介する。参加費は無料で、定員は300人(先着順)。申し込み締め切りは529日となっている。

 詳細は、http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/170516.htmlを参照。

 

    農林水産省 http://www.maff.go.jp/index.html

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/