トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「SECURITY ACTION」 ロゴマーク使用申し込み開始(IPA)

トレンドボックス

「SECURITY ACTION」 ロゴマーク使用申し込み開始(IPA)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)はこのほど、中小企業自らが、情報セキュリティー対策に取り組むことを自己宣言する「SECURITY ACTION」のロゴマーク使用申し込みを開始した。日本商工会議所とIPAは、2月に中小企業の情報セキュリティー対策普及の加速化に向けた共同宣言を発表。この活動の一環として自発的な情報セキュリティー対策を促すための核となる取り組みとして「SECURITY ACTION」を創設した。ロゴマークをポスター、パンフレット、名刺、封筒、会社案内、ウェブサイトなどに表示して、自らの取り組みをアピールすることができる。

 ロゴマークは、取り組み目標に応じて「一つ星」と「二つ星」の2種類がある。「一つ星」は、中小企業の情報セキュリティガイドライン付録の「情報セキュリティ5か条」に取り組むことが必要。「二つ星」は、中小企業の情報セキュリティガイドライン付録の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握した上で、情報セキュリティポリシー(基本方針)を定め、外部に公開することとしている。

 詳細は、https://www.ipa.go.jp/security/security-action/を参照。

 

    独立行政法人情報処理推進機構 http://www.ipa.go.jp/index.html

    中小企業の情報セキュリティガイドライン https://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/sme/guideline/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/