トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「訪日外国人消費動向調査(平成29年1‐3月期)」を公表(観光庁)

トレンドボックス

「訪日外国人消費動向調査(平成29年1‐3月期)」を公表(観光庁)

 観光庁はこのほど、「訪日外国人消費動向調査(平成2913月期)」の結果を発表した。

 平成291-3月期の訪日外国人全体の旅行消費額(速報)は9,679億円と推計され、前年同期(9,305億円)に比べ4.0%増加。国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額を見ると、中国が3,718億円(構成比38.4%)と最も大きい。次いで、台湾1,334億円(同13.8%)、韓国1,180億円(同12.2%)、香港801億円(同8.3%)、米国463億円(同4.8%)の順となっており、これら上位5カ国・地域で全体の77.4%を占める。訪日外国人1人当たり旅行支出は148,066円で、前年同期(161,743円)に比べ8.5%減少した。

 詳細は、http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000310.htmlを参照。

 

    観光庁 http://www.mlit.go.jp/kankocho/

    日本政府観光局 http://www.jnto.go.jp/jpn/index.html

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

    まちナビ http://www.jcci.or.jp/region/town/

    観光ナビ http://www.jcci.or.jp/region/tourism/