トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 労働生産性などの目標検討ツールの提供を開始(内閣官房)

トレンドボックス

労働生産性などの目標検討ツールの提供を開始(内閣官房)

 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局はこのほど、労働生産性などの目標検討ツールの提供を開始した。同ツールは、都道府県ごとの産業構造の特徴や今後の人口動向などを踏まえた県内総生産の向上施策を検討するために作成されたシミュレーション・ツール。「県内の人口が減少する中、県内総生産を維持・向上させたいが、どのような業種の付加価値を高めると効果的なのか」「成長(付加価値の向上)が見込まれる産業に労働力がシフトした場合に、県内総生産にはどの程度影響するのか」といった疑問に基づいたシミュレーションを行うことができる。

 詳細は、http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/about/kentou-tool/を参照。

 

    内閣官房まち・ひと・しごと創生本部 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/archive.html