トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「ステータスレポート2017」を取りまとめ(特許庁)

トレンドボックス

「ステータスレポート2017」を取りまとめ(特許庁)

 特許庁はこのほど、最新の統計情報および政策の成果を掲載した「特許庁ステータスレポート2017」を取りまとめた。2016年の日本における特許出願件数は318,381件と近年漸減傾向。一方、出願年別に見た特許登録率(特許出願件数に対する特許登録件数の割合)は増加傾向にあり、特許庁では、「知的財産戦略において量から質への転換が進んでいる」と分析している。

 また、意匠登録出願件数は3879件、商標登録出願件数は161,859件となり、いずれも前年より増加した。国際的な出願動向についても、2016年に特許庁が受理したPCT国際出願件数は44,495件、2015年に世界全体で出願された特許出願件数は2889千件といずれも過去最高を記録した。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170330002/20170330002.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    特許庁 http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/