トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「海外情勢報告」公表 中国の雇用管理法制など紹介(厚生労働省)

トレンドボックス

「海外情勢報告」公表 中国の雇用管理法制など紹介(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、「2016年海外情勢報告」を公表した。海外情勢報告は、諸外国の労働情勢と社会保障情勢全般に関する情報を毎年取りまとめているもので、特集と定例報告で構成されている。

 特集では、中国、インド、インドネシア、タイの雇用管理法制を紹介。昨今、アジア諸国における日系企業の進出が目覚ましい一方で、一部には事業の縮小や撤退の動きも見られることから、特に解雇法制を中心に取り上げ、企業が労働者を解雇する場合の要件や手続き、労働者による不服申立ての仕組みなどを解説している。

 定例報告では、欧米、アジア諸国の雇用・失業情勢と労働・社会保障施策について掲載。2016年は、フランスにおける労働法の改正、ドイツの「労働4.0Arbeiten4.0)」検討の動き、中国における「一人っ子政策」の廃止などの動きが見られた。

 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000155441.htmlを参照。

 

    厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/

    雇用・労働 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/