トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「商標審査基準」を大幅に見直し(特許庁)

トレンドボックス

「商標審査基準」を大幅に見直し(特許庁)

 特許庁はこのほど、「商標審査基準」を大幅に見直したことを発表した。商標審査基準は、商標審査実務における商標法の適用についての基本的な考え方(解釈・運用など)をまとめたもの。審査の指針としての位置付けに加え、出願人や代理人が特許庁の審査実務に対する理解を深めるために広く利用されている。審査基準は昭和46年の初版発行以来、一部改訂を重ねてきたが、審査基準全体にわたる見直しは十分に行われていなかったこととから、特許庁では、商取引を取り巻く環境の変化やユーザーニーズなどを踏まえ、2年計画で審査基準の全面改訂に取り組んできた。

 改訂のポイントは、内容面の観点からは各条項における用語の定義・解説や事例を追加、構成面の観点からは各項目に係る見出しの追加、用語の統一などとなっている。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170328005/20170328005.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    特許庁 http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/