トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 農林水産物・食品の輸出に関するアンケート結果を発表(JETRO)

トレンドボックス

農林水産物・食品の輸出に関するアンケート結果を発表(JETRO)

 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)はこのほど、農林水産物・食品関連企業への輸出に関するアンケート調査の結果を発表した。回答企業は2,630社で、うち輸出有734社、輸出無1,896社となっている。

 農林水産物・食品の輸出を手掛ける企業734社の今後(3年程度)の輸出展開は、「現在の輸出規模の拡大を検討している」が72.4%と最も高く、次いで「現在の輸出規模を維持する」が21.0%だった。「現在の輸出規模の縮小・輸出撤退を検討している」は1.6%にとどまった。

 「拡大」「維持」「新規展開」と回答した企業693社の理由は、「日本食品の人気が高まっている」が407件(全体の58.7%)と最も高く、次いで「国内需要の減少」が341件(同49.2%)、「海外市場の収益性が高い」が125件(同18.0%)と続いた。

 詳細は、https://www.jetro.go.jp/news/releases/2017/cd8f0fb6a15a966e.htmlを参照。

 

    独立行政法人日本貿易振興機構 https://www.jetro.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/

    国際関連 http://www.jcci.or.jp/international/